Archive for 8月 2016

産毛に対しては光

産毛に対しては、光脱毛の場合はそんなに効果を得られないみたいですね。
エステや脱毛サロンなどの光脱毛で使われる光は黒色にのみ反応するので色が薄い毛、つまり産毛には充分な反応は期待できない訳です。
光脱毛を行っている脱毛サロンではフェイシャル脱毛のコースをうけるならば技術面において信用できるお店を選ばないと肌のトラブルが起こりうる危険性もあります。
VIOの脱毛を医療脱毛で行なうのも一つの方法です。
痛みを強く感じますが、ムダ毛が生えにくくなると言ったメリットがあります。
もう一つの脱毛方法であるレーザー脱毛は、限定的な範囲でレーザーを照らしていくので、好きなだけ調整可能と言った点がメリットです。
Vラインのデザインは十人十色ですし、脱毛しすぎを防ぐためにも医療脱毛が信頼できる手段です。
医療脱毛と言えども、施術をうけるときは、事前に処理しておくべきです。
必要のない毛がわさわさ生えていては施術することができないため、長さの目安はカウンセリングの指定事項を参考に処理することが推奨されています。
施術日の前の日ではなく、数日前に処理することで、お肌のトラブルが施術した後に起こらないかも知れません。
脱毛の施術回数の制限がないコースがあるサロンも増えているみたいです。
まとまった金額で最初の契約を行なうケースも多いですし、決まった額が毎年引き落としになる月額制の脱毛サロンも増えているようです。
1回ごとの施術でどの部位をどのくらい脱毛可能か、ちゃんと要望する日時に予約が可能か、きちんと脱毛効果を実家できるかといったことを契約前に確認を行いましょう。
脱毛サロンで施術をうけるためには事前に、施術部位の毛を自分でできる範囲で処理しておくことになっています。
自然のままの状態ですと施術をうけることはできませんので、ムダ毛が皮膚の上に見えないようになるまで剃っておきましょう。
施術の直前に処理するのはよくないので、二日前には終わらせておくのが御勧めです。
処理した後は丁寧にアフターケアもしておいて炎症が出ないようにします。